Ryugu Basketball Band.

バスケットボールチーム、龍宮・乙姫の公式ブログです。BONESCUPとGAMETIMEにも携わっています。

ゆまにてコンペティション2010。

https://bonescup.jimdo.com/

各位
 
 
日々の業務、大変お疲れ様でございます。
 
9月末から始まった、ゆまにて杯2010が一昨日終幕を迎えました。
この度は、各部署から社員を選抜するなど社を挙げてのコンペ参戦となりました。
 
結果的には決勝戦のクライアントとの交渉が破談に終わり、準優勝となりましたが、当社が目指す、《人》と《人》との繋がりを感じることが出来た、大変有意義なコンペティションとなりました。
 
特に、最終日には今回別のチームで参戦されていた光社長が、自社のハードスケジュールを危惧し、審判を2試合もこなして下さり、また乙姫からもコンパニオンとして、TOを遂行してくださるなど、大変有難い環境下の中、プレゼンに集中することが出来ました。
 
【編集部レポート】
 
ゆまにて杯
 
準決勝
 
非常に若いチームとの対戦。
上背はないが、正確な外角シュートを武器とするTEAMである。離しては食らい付き、また、前線からの激しいディフェンスをする大変良いチームであった。
 
MVP:しげち
選考理由:15点差を6点差まで詰められてとったタイムアウト後の最初のオフェンスに、値千金のスリーポイント炸裂。傾いていた流れを強引に引き戻した。
 
 
決勝
対ミッドランズ
 
足立区の強豪チーム・ファントムの選手も何人かいるとの噂のTEAM。相手のエースは2m以上ラインから離れた22本の3P試投、9本IN。また、カットインからのダブルクラッチでカバーも翻弄され97点のうち、41得点を献上。分かっていても止められない、そういう類の選手は稀にいるが、分かっていれば止められるはずである。把握している部分を試合中に増やしていき、修正していくディフェンスが求められたようである。
 
とは言っても、どうすりゃいいんだか。笑
 
極論を言えばそれ以上、点を取るっきゃないかもしれない。
 
MVP:さのっち
 
以上、レポート。
 
次回大会は、市川コンペティションであり、昇格に成功した春の大会とはまた違ったテーマを持って挑戦したいと思う。
 
今回のゆまにて杯では本当に各方面からのご協力を得ることが出来、感謝しております。ありがとうございました。
 
 
恩返しすることを忘れず、門戸は広く、バスケットは楽しいものだという事を常に念頭に入れながら、過ごしていこうホトトギス
 
 
以上、今後とも宜しくお願い申し上げます。