Ryugu Basketball Band.

バスケットボールチーム、龍宮・乙姫の公式ブログです。BONESCUPとGAMETIMEにも携わっています。

クラブ選手権が終わりました。

https://bonescup.jimdo.com/

今年度のクラブ選手権が終わりました。


■結果
男子
優勝:勉族
準優勝:A.B.L.
3位:Hearts/REAL

女子
優勝:QUEEN BEE
準優勝:SWEETS
3位:美杉クラブ/柏リーブス

※関東クラブ選手権の千葉県代表は、各部上位2チームとなります


優勝した勉族、QUEENBEEの皆さんおめでとうございます!

そして関東大会進出決定のA.B.L.とSWEETSの皆さんもおめでとうございます!

今日の大会が終わるまでは敵でしたが、ここからは千葉県のバスケットボールの仲間。

この4チームを千葉県代表として関東・全国で存分に力を出しきってもらうため、良かったら各チームで応援していきましょう!

・・・・・・・・・・

QUEENBEEは大きなプレッシャーのなか、しっかり勝ち切っての優勝。

本当に強かった!!おめでとう!!

ここ何週か仲間が一緒に練習をさせてもらって刺激を受けるほど、バスケットに対して真摯で真面目な姿は、やっぱり応援したくさせられるし、真面目が故に心配にもさせてくれます(笑)

目標を掲げて、「そのために」どうするかを共有出来る良いチーム。

このチームは別に技術が凄い訳ではないと思っていて、凄いのはディフェンスカバー&ローテーション、リバウンド&ルーズボール

そこを頑張れるから走れるし、合わせとかのフォロープレイが生まれるのだと思います。

気持ちが充実しなきゃ負けるし、試合への気持ちの持って行き方が上手くいった、本当に良いチームでした。

関東も頑張って!!


・・・・・・・・・

勉族は、本当に強かった!おめでとうございます!

勉族に関しては沼さんが普段から情報発信しているので、私から何か伝えることは不要でしょう(笑)

死闘を演じたハーツのためにも、関東も絶対勝ちきってください!




···というわけで、私は個人的な想いを込めて別のチームについてのことを書きたいと思います。


A.B.L.は本当に久しぶりの関東大会。


酔っ払うと必ず言うのでご存じの方も多いかと思いますが、私はA.B.L.の大ファン。


篠崎さんに憧れています。


自分は20歳になってからバスケットを始めたので、恩師や師匠がいなくって、唯一バスケのことを教えてくれたのは当時のA.B.L.のホームページにある練習日誌でした。

これを見るのが楽しみで楽しみで、それを元にA.B.L.のバスケットを見てきたし、わからない言葉があれば調べるくせをつけてくれたのもこの日誌でした。

少しずつ内容が理解できるようになってからは、自分達のバスケにも少しずつ当てはめてみたり、どうしてそうするのか理由を考えたりすることで、バスケにのめり込んでいきました。

練習試合をさせてもらった翌日に、うちはどこが課題かを教えてもらえないかと連絡したこともあり、丁寧に返信も頂いたことは今でも覚えてます。


そんなもはやカリスマとなっていた篠さんが書いていた日誌のなかで、今でも自分のバスケの軸となっている言葉があります。


『バスケットは楽しいものです』


人によって、年齢によって、環境によって、それぞれが思うバスケットは違うけれど、どうしてやっているかと言われたら、『バスケットは楽しいから』。


練習はしたくないけど、試合に勝つと嬉しい。


でも練習してないから勝てなくて、練習すると上手くなって楽しい。


出来なかったことが出来て嬉しい。この感覚、楽しい。


仲間と一緒に成果を出せたことはとっても嬉しいし、その時間を共有したり振り返ったりしている時間はとっても楽しい。


単純に久々にバスケをやると楽しい。


話だけで熱くなれて、仲間になれて、夢を話し合えて。


やっぱり、バスケットは楽しいものです。


今回、A.B.L.が関東を決めた瞬間のそのあと、A.B.L.メンバーは泣いてました。


篠さんが大切にしてきたこのチーム、メンバー全てが美しくさえ思えました。


そこには栄光の時代から、暗黒の時代を経て、そしてまたこの栄光の瞬間に辿り着くまでの時間、最高にバスケットが楽しい瞬間だったと思います。


自分がまだその域にまで達したことがない分、物凄く羨ましかったし、ずっと気にかけていた分、心から祝福の想いが生まれました。



そしてこれからも自分の目標がA.B.L.であり続けることが嬉しく思います。


あの涙を見て、悔しいと思えた良い一日でした。


やっぱりバスケットは楽しいなぁ。


明日の練習からまた頑張りましょう!


選手の皆様、お疲れ様でした!